ロゴ
HOME>クチコミ>入れ歯にするか悩んでいる人必見!【入れ歯にした人の嬉しい声】

入れ歯にするか悩んでいる人必見!【入れ歯にした人の嬉しい声】

診察室

入れ歯にする際は、医師をしっかり相談することで納得する入れ歯を選ぶことができます。素材によっては保険適用外のものもあり、予算よりも金額が高くなることもあります。それぞれのメリット・デメリットの説明を受け、納得のいく入れ歯を手に入れましょう。

この話題の口コミ

保険適用によって費用が安くなりました【50代|女性】

どのような入れ歯にするかは、見た目も大事ですが、お口の状況に合わせて選ぶ必要があります。お世話になった東京の歯科では、変色せずに強度も高く、色調も自分の歯に似ているので見た目もよい素材を、イチ押しして下さいました。ですが、保険外となる材質であったため、自費診療への不満も相談させて頂きました。入れ歯の利点は、外科手術の必要がないことですから、保険適用できる治療計画の説明も行って頂けました。素材はプラスチックですし、毎日使うことですり減ってしまうため、度々つくり替えたほうが良いことも説明を受けます。部分入れ歯のクラスプは金属で、審美面で劣ることも理解しなければなりません。ですが、デメリットは技術でしっかりカバーして頂けましたし、保険適用で費用もぐっと抑えられました。品質は保証されていますし、素材の良さを活かして入れ歯を作製する歯科技工士の技術力によって、満足できる仕上がりになりました。

部分的にも入れ歯にすることができました【40代|男性】

40代、まだまだ中堅ですから、歯抜けの状態だけは避けたく、かといって、総入れ歯にするほど全部の歯を失っていなかったため、義歯の相談に東京の歯医者を選びました。説明によれば、入れ歯には主に4つのタイプがあり、総入れ歯以外では部分的に義歯の付け外しができるようでした。自分の場合、複数の歯を失っていても使えるアタッチメントタイプの治療計画を提案して頂きました。金属冠を被せ、磁石で固定する内容で、取り外しができるので、毎食後に外して洗浄でき、部分入れ歯本体も清潔に保てています。年齢的に歯肉が痩せるなどの、何らかの不具合が生じても、歯医者に連絡すれば、速やかに修理してくれます。もちろん、定期的メンテナンスを受けることで、虫歯や歯周病リスクを低くし、残りの歯も大事にしています。